合格するための通信講座トップ3


【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

⇒詳細はこちら


【No.2】クレアール
通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

⇒詳細はこちら


【No.3】TAC
教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

⇒詳細はこちら


社労士を目指してみないか?

サイトの頭から、いきなり条件の話をするなんていやらしいですね。AYAKO先生は。社労士の仕事のことだって何も書いていないのに。少しここで説明します。

社労士って何をする人?

社労士は、正式には、社会保険労務士って言います。労務管理とか、社会保険関係、年金関係の知識を持ち、それに関連する業務・手続きのプロです。わかりやすく言えば、人事と総務をくっつけたプロ。でも、その知識量といったら半端ではなく、すごい人です。自我自賛!

社労士の仕事って?

社労士の仕事は、多くは会社関係で、職安や行政機関に対する手続き業務を行ったりします。たとえば、社員が会社を辞めたとき、社員が仕事中に怪我をしたときの手続きなど。人を一人雇えば、その人の年金、健康保険、社会保険、源泉徴収やらなんやら、と各種セットで付いてくるんです。それらの管理をするプロが社労士。
個人が相手の場合も。失業者の雇用保険関係の相談にのるとか。あまり案件としてないですけど、そういう関係で困っている人がいたら相談にのることができる。

人事や総務と何が違うの?

社労士の仕事の内容は、全部人事や総務の仕事じゃん!って思われるかもしれません。まあ、細かいことはそうなんです。会社によっては、人事・総務部門の大半をアウトソーシングして、社労士に外注したりするんですよね。管理業務が社労士の仕事というわけではないけど、相談業務だけでは成り立たないんで。
資格があるかないかの違いは、これでご飯が食べられるかどうか。社労士の資格があれば、独占的に上に書いたような仕事をすることができるんです。逆にいうと、資格のない人は、たとえ人事・総務の知識があっても、その仕事で報酬を得ることができないんです。当事者(会社)は別ですよ。自分や自分の会社のことは自分で手続きできます。

社労士はどこにいる?

社労士は近くにいないでしょう?普通は、社労士事務所にいます。業務の内容的に、法人相手の仕事がほとんどなので、個人的に接す機会は多くありません。複雑な助成金関係の手続き代行などで法人と付き合うんです。事務所以外だと、人事戦略コンサルタントになったりする人もいます。また、一般企業の人事部や総務部に就職する人もいます。会社としては、社内に社労士がいれば、外部に相談しなくてすみますよね。
社労士の仕事に興味がわいてきたかな?